演劇

弊団体、The All Mighnorityの演劇コンテンツ「光と熙」(ひかりとひかる)は、現時点で即興演劇公演となっております。

それはなぜかというと、二人とも役者なので話が書けないからです。
とはいえ、吉田的に言うと脚本もやりたい。バリエーションがほしい。
とはいえ書けない...。

ならば書いてもらう人を募集すればいいじゃないか!

戯曲、そして戯曲家を募集します

というわけで、弊団体では演劇コンテンツ「光と熙」の脚本芝居公演がしたいがために戯曲、しいては戯曲家を募集します。

現状普通の劇団に比べればゆるーく活動していますが、今後は活発にやっていきたい願望があります。

「見ず知らずの団体にがっつりかかわるのは正直リスキーだな」という方は、没になった台本でも結構ですので、送っていただけると幸いでございます。もし送っていただいたを使用させていただく際には、使用料をお支払いいたします。
要はあなたの没になってしまった台本が資産になるかもしれない、というお話です。もちろん没じゃない台本でも大丈夫です。営業持ち掛けるでも大丈夫です(今回はあくまで戯曲の営業に限りますが)。
※使用料は応相談。白状するとそんなに潤沢に予算があるわけではないので、使用料次第では公演自体が没になる可能性があります。

「面白そうだからちょっとガッツリかかわってみたい」という方もぜひご連絡ください。不定期ですが稽古を行っておりますので、稽古の見学にもぜひお越しください。

正直思い付きでこの募集を行っているので、ぶっちゃけ穴だらけ感が否めないです(笑)
ご質問等もドシドシ募集しております。
※問い合わせフォームはページ下まで!

募集要項(2019.4時点)

以下のどちらか、もしくは両方を募集いたします
・舞台の戯曲・脚本データ(Word,PDF形式)
・「光と熙」に戯曲を提供していただける戯曲家

戯曲が採用された場合は使用料をお支払いいたします。
※どれぐらい支払うかは公演の規模で考えます。料金の交渉には応じさせていただきます。

募集する戯曲の最低条件
・登場人物に最低男性が2人は存在すること。後の登場人物は女性でも男性でも問題ない。男性二人は確実に存在すること。
・上演時間は5分以上のものであること。上限は特に設けない。
・自分に著作権がない、もしくは原作者に許可を得ていない戯曲を勝手に送付することは禁止。

その他、募集戯曲の要綱
・我々二人の当て書きをする必要はありません。あてがきをやってみたいという方は稽古の見学も実施しておりますのでご連絡ください。
・登場人物は多すぎないことを望みます(できれば6人以下)。とはいえ、登場人物が多い脚本は送ってはならない、というわけではありません。登場人物が少ないものの方が採用されやすいだけです。
・いただいた戯曲をもとに即興演劇企画を立てる可能性もございます。戯曲のデータを送る場合はアレンジの可否も合わせてお送りいただければ幸いでございます。
※もちろん、アレンジの際も使用料としてお支払いはしたいと考えております
・「この戯曲は最低でもこの金額は頂きたい!」とおっしゃる場合は併せてご連絡くださいませ

戯曲が採用された場合の手順
①我々が「この戯曲を使いたい!」となった場合、まず使用についてご連絡させていただきます。
②どれぐらいの使用料で公演ができるかを伺うためにメールやお電話にてやり取りをさせて頂きます。
③料金についてコンセンサスが取れた場合、料金を振込みにてお支払いした後に、弊団体にて企画を進行してまいります。

戯曲を採用されるほかに、「この戯曲は面白い!是非この戯曲家の方に書いてほしい!」ということも起こり得るので、どうぞ気軽にお送りいただきましたら幸いでございます。

「光と熙」とは

The All Mighnorityの演劇企画。
役者の吉田光(よしだひかり)と坂山煕の二人による演劇公演企画を指す。主に役者自らがその場で物語を作る即興演劇のフォーマットで行うことが多い。

吉田 光

吉田光
よしだ ひかり
生年月日:1993年1月27日(26歳)
15歳の時、声優になろうと思い立ち高校演劇を始めたのがきっかけで演劇の世界に入る。
2011年に学習院大学に進学し、同年9月に日本初の学生即興演劇団体「劇団しおむすび」の立ち上げに関わりそのまま入団。その後劇団しおむすび企画のインプロショー・脚本芝居公演に数多く参加。
詳しくはこちら

坂山熙


かな:さかやまひかる
生年月日:1992年11月22日
2011年より大学の演劇部で演劇活動を始め、同年7月に忍翔氏と共にインプロ団体『劇団しおむすび』を立ち上げる。
以降は、インプロをベースにメソッド演技の勉強をし、『インプロとメソッド演技の融合』を目指して日々研鑽中。
現在はしおむすび以外にも、インプロチーム『second circle』 『Pinot Noir』に所属し、即興演劇企画『光と熙』の企画、運営に携わりながら、活動している。

お問合せフォーム





※最大容量5MB、形式はdocxかpdfにて

演劇

「機械」の終演と26歳

どうも、りんこと吉田光です。 昨日で、千歳船橋のAPOCシアターにて行われました一人芝居フェスティバル「APO […]