イベント

第一回HSP交流会、無事終了しました

     

どうも、りんこと吉田光です。

今週の日曜に企画しました、「敏感すぎて生きづらい(HSP)の交流会」が無事終了しました。

今まで公演とかショーとかは、まぁそれなりの数を企画していましたが、こういった交流会というのは初めてだったので実はかなり緊張していました。勿論、どのように進めるかのアイディアこそはありましたがね。
ですが、いざ始まってみると、そんな不安を消し飛ばすかのようにいろんな話が出てきました。いやぁHSP同士でお話しするのは本当に面白い!

私が運営していますHSPのメディアサイト「HSP Diary」でもHSP同士で話をするのはした方がいいと書きましたが、その根拠にもなりました。

ご参加いただいた方にも好評でした。これもうれしかったです。

因みにどんな感じで進行したかというと、
①皆でHSPに関する話題をカードに書きます

②書いたカードを集めてUNOみたいに山札を作ります
③一枚めくり、そのカードの話題について、書いた人がお話しします

というような感じでした。そしたら話題についてかぶった人もいたり、「私もそれについて話したいことがある」と言わんばかりにどんどんお話が飛んできたりと、割とすごいことになりました。

2時間を予定していましたが、余裕で2時間を過ぎていきました。いやぁ良かった良かった。

来月も企画しています!次回は10月13日(土)の14時~16時です。
因みに次回はちょっと形式を変えていこうかなと画策中です。

それでは!

【10月13日】敏感すぎて生きづらい人(HSP)の交流会

「とても敏感な人」の意を持つ「Highly Sencetive Person」、通称””HSP””は5人に1人いると言われています。
例えば、あなたは以下のようなことはありますでしょうか。

・人と話している時やパーティなどに参加している時に、一人の時間が欲しくなったりする
・人混みにまみれると他の人と比べて疲労度が違う
・音や匂いにとても敏感で、「無理ッ!」ってなったら近づかないようになることがある

当てはまったりする人は、あなたはHSPかもしれません。

そんな風に、ちょっと人とは違う感覚を持っている人だと、あまりこういう感覚について話す機会は少ないと思います。ですが、こういった「自分独特の感覚」ということこそ、人と共有したほうがいいとHSPの私は考えています。
HSPの中には「自分は変な人」と決めつけてしまい、自分の感覚や考え方を理解してくれないとあきらめている方も多くいらっしゃいます。そういう諦めが、自己肯定感を低くしてしまうと私は考えます。自分独特の感覚を、独特の感覚を持つ者同士で共有しましょう。前回はとても大盛り上がりでした。

詳しくはこちら!