「台本を読む会」について

                 

どうも、吉田です。
この度は「台本を読む会」にご参加いただきありがとうございます。

この会についての注意事項だったり、吉田の中にある台本を読む際の手がかりのようなものをここに記載しておきます。
長文になると思いますが、ご一読ください。

台本を 人と 読むこと

私は用事もないのに台本を読むということが凄く苦手でした。それに海外の戯曲のような非常に難解なものも苦手でした。

ですが、2020年にroom42さんが主催している演劇WS「Play Room」に参加してその苦手意識も薄れました。
そのWSにて、トム・ストッパード作「アルカディア」を約半年向き合い続けたことで、凄く自信が付いたのです。そして何より、人と台本を読むということに凄く支えられたこともとても大きかったです。

なので、人と台本を読むことを継続したいと思い、この会を開きました。用事もできますしね(笑)

この会のスタンス

基本的にゆるっとやることをイメージしています。台本を読むことが苦手のままに終わらず、より深く作品を理解できるように、和気あいあいとやっていきたいと思います。

ゆるくやるとはいっても、会の前に対象の台本を読んでおいていただけると当日盛り上がりやすくなると思いますので、ご協力をお願いします。
ひとまずさらっと、ざっと読むだけでも構いません。

会は月に1~2回のペースで、Zoomを使って開催する予定です。
たまに吉田がスケジュールを聞くLINEを流すので、その時には必ず期日までにご対応ください。
予定が付かなかった場合は休んでも問題ありません。

アーカイブ

注意事項

  1. この会は基本的に紹介制で運営していこうと思います。LINEに入っている人(以下メンバーと呼称)が招待したいということであれば、吉田までご連絡ください。
  2. 台本によっては、同じ戯曲でも訳者が違ったりするだけで読み方が大きく変わったりするので、なるべく統一を図りたいと思います。ご協力をお願いします。
  3. 会の最中に食べるのはご遠慮ください。咀嚼音がマイクに乗る可能性があります

今回の台本

チェーホフ「かもめ」
今回使うのは神西清さんが訳したものです。


かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)
※青空文庫にもあります(こちらより)

次回の会

2/24(水) 20:30~22:00
ZoomのURLはこちらから。

台本を読む手引き

もし台本を読んでも分からなかったり、どうやって読めばいいのか分からない場合は参考にしてください。

分からなくても一先ず何度も読む

これは経験則ですが、一回ですべてを分かろうとすると必ずドツボにハマります。
3回読んでようやく内容が分かってきたり、6回読んで初めて分かった事があるなんてこともザラです。

なので1回読んでも全然分からないとなっても、それは恥ではないので気にせず読み続けちゃいましょう。
途中分からないことがあっても、その答えは読んでる先にあったりするので、とにかく繰り返し読むことが大事です。

まずはあらすじを作ってみる

Play Roomでは、「作品の全体の構造を理解してから細部を読む」ことを教えられました。
まずは全体のあらすじを作ってみましょう。因みにPlay Roomでは140文字で作れと言われてました。

それが終わったら、各章・各幕のそれぞれのあらすじを作ってみましょう(どうせなら140文字で)。
これをするだけで作品の理解が深まりますし、更に疑問点が凄く増えます。

その疑問を解くために、更に細部を読んでみましょう。

事実(Fact)と詳細(Detail)

台本には、書いてある事実(Fact)とそれに基づいた詳細(Detail)の二つがあります。

事実(Fact)とは台本に明言されていることです。
「かもめ」で言うと、
・トレープレフは大学を中退している
・ソーリンはアルカージナの兄
と言う感じです。それを否定している記載が台本にない限り、それを否定することは基本的にできません。

詳細(Detail)とは事実から基づいた想像による分析です。
恐らく台本分析において一番大切なところなんじゃないかなと思います。
基本的に事実を否定する詳細はNGです。例えば、「トレープレフは大学を中退していない」という風に読んでしまうと事実を否定してしまうので、基本的にNGです。

台本の中にある4つのことを書きだす

どこかの海外の演出家が台本分析する際には以下を書き出すと良いと言っています。

  • 具体的な事実
  • 自分が自分自身に言っていること
  • 他人が自分に言っていること
  • 自分が他人(物事)に言っていること

これら4点をそれぞれ台本から抽出すると見えてくるとのこと。
因みに私これやってみてるんですが、確かに色々と見えてきます。オススメです。